にきび跡の赤みを治そう

にきび跡の赤みの原因

一度できたにきびが、赤みの残るにきび跡になってしまうと、赤みを消すことは、難しいと言われています。赤いにきび跡を残したくないなら、まずは赤みが残ってしまう原因と正しいケア方法を把握することです。

にきび跡が赤みになって残ってしまう原因は単純ではなく、いくつか複数のものがあるようです。赤にきびや化膿にきびなどの炎症が原因で、赤みの残る部分はにきびを悪化させてしまったところです。また赤みにだけでなく、一度炎症を引き起こしてしまったにきびは、跡になりやすいのです。

一見してにきびがなくなったように見えても、にきび跡として赤みがある時には、未だにきびの炎症が引いていないことがあります。にきびの原因が表面的なものではなく、真皮層に届くような化膿や腫れといった深刻な肌トラブルになっていることがあるのです。化膿や腫れが、見た目では消えていても、奥に残っているケースがあります。つまり表面的には赤くなったにきび跡ですが、皮膚表面からは見えない肌トラブルである場合があるのです。

にきびの炎症が原因で、その周辺の血液の流れが悪くなり、血液が停滞して赤みが残っていることがあります。にきびが出来ることによっておこる炎症が元となりメラニン色素が生成されてしまい、にきび跡の赤みになっていることもあるようです。にきび跡の赤みができる理由はいくつかありますので、なぜ自分の肌に赤みがあるかを調べることが対策の一歩です。

にきび跡の赤みを消すため方法

にきびかできた場所にいつまでも赤みが残ることがありますが、何かいい解消方法はないものでしょうか。にきび跡を解消するには、皮膚の新陳代謝がしっかり行われる状態を維持することが大事になります。

健康な皮膚のターンオーバーサイクルは28日周期で、新しい皮膚が表層に出ます。古い角質を落とし、新しい角質を誕生させる細胞の代謝サイクルをスムーズにしなければ、いつまでたっても、にきび跡の赤みは改善されません。昔できたにきびの跡や赤らみが、なかなか治らないとお悩みの人はたくさんいるので、適切な対処が必要です。

では、お肌の新陳代謝を活発にするには、どうすればいいでしょう。スキンケアを毎日丁寧に欠かさず行うことも重要ですが、規則正しく健康的な生活もお肌のためには大事です。お肌の新陳代謝は、病気を患ったり、偏った不摂生な食事をしたり、睡眠時間が不規則だったり足りていないときなどに悪化しやすく、肌荒れの要因になります。お肌の赤みを落ち着かせ、トラブルのない美肌を維持し続けるには、新陳代謝のいい皮膚にしておくことが大事です。

なめらかで健康的な肌を保つには、肌のターンオーバーをキープすることです。肌の修復や再生は、実際には私たちが寝ている間に分泌される成長ホルモンによってなされます。とくに美肌つくりのゴールデンタイムといわれている22時から2時の時間帯にはしっかりと熟睡する事が重要です。良質な睡眠をしっかりと取りながら、規則正しいターンオーバーをスムーズにできるお肌になることで、にきび跡の赤みも少しずつ引いていきます。

にきび跡の赤みを消す生活習慣

にきび跡に赤みが残ったとしても、皮膚のターンオーバーがあれば、赤みの部分は減っていきます。体にいい食事をして、健康維持に必要な栄養素を摂取することが、皮膚のターンオーバーを整える効果があります。

忘れずに摂取したい栄養素に、たんぱく質があります。たんぱく質は皮膚はもちろんのこと、髪の毛や筋肉のほか臓器など、体のあらゆる部分を構成する成分です。新しい皮膚を作り出すことを促す為に、大豆から作られている納豆や豆腐などの植物性たんぱく質や、肉、魚、チーズなどの動物性たんぱく質を多く摂取しましょう。

にきび跡の赤みを解消するためにお肌のターンオーバーを促進したいなら、運動不足を解消して代謝を高めることも効果があります。古く赤みの残っている皮膚が、新しく生まれ変わるためには、適度な運動を習慣にして体を動かし、代謝を促しならが、エネネギーの消費効率をよくしましょう。にきび跡の赤みを目立たなくするためにおすすめなのは、日々簡単に取り組める運動を継続して行う方法がおすすめです。長時間紫外線にさらされてしまうと、肌の新陳代謝が悪くなりますので、気をつけましょう。

また普段から化粧水などでしっかりと肌の保湿をすることも大切です。ターンオーバーが活発になる時間は、夜10時から2時です。にきび跡の気になる赤みを効果的に解消するためには、この時間帯はよい睡眠をとれているような生活リズムを目指しましょう。


アクポレス・スターターキット

詳細はこちら

アクポレス